history

  • 1981.5

    会長、高木守正が2年の業界修行の後16歳からの夢を実現させ31歳で杉並区方南町に13坪の店舗でスタート。

  • 1982.1

    個人商店としてイージーライダース設立。1989頃店舗前改装し、ショーウインドを増築。

  • 1984

    カスタムなんてまだほとんどの人が知らず改造といってた時代。当時の技術を集めたEASYRIDERSを世に知らしめた一台。アメリカで流行っていたFOURe/gチョッパー!

  • ・・・

    ホンダFのエンジンでカバーは彫金&メッキされています。フレームはJAMMER Cycle製で、圧巻はマフラーの取り回し、もう知恵の輪状態です。作るの大変だったとか…

  • 1985.4

    マフラーバカ売れ!これでハワイに社員旅行に行ったとか行かないとか!?これ以前のアメリカンモデルはどれもホイルベースが短くイマイチかっこ良くなかったけど、レブルが小さいながらも抜群のスタイリングで登場。一気に流れが変わり、センターパイプも一本でHDタンクも乗せやすくカスタムベースに最高。アメリカン人口が急激に増え始めました。

  • 1987

    モーターショーへの搬入の一コマ。シボレーC10にナックルヘッドカスタム!!今でもあこがれる人いるんじゃない?カッコいいよね〜

  • 1988.1

    STEED発売。この車両の登場で日本中大アメリカンブームに。リジッドスタイルのテールビューとVツイン型のエンジンスタイリングはまさにハーレーを髣髴させるほど。90年代頭に人気が殺到して車両が足りなくなったとか。ERではいち早く多数の商品を開発し、世の中に出て行きました。写真は、'90に製作した某俳優さん"必殺”の一台です。

  • 1985〜1990

    知る人ぞ知るこの頃はハーレー、アメリカンだけではなくアメ車の販売、カスタム、車検もやってました。まさにアメリカンドリームですよね〜!!!だけど、アメリカンバイクブームにより手が足りなくなりできなくなってしまいました。残念!

  • 1994

    日本でもドラッグレースが行われる様になり積極的にシリーズ参戦していました。写真は富士スピードウエイでの一コマで、パイロットは社長です。シグナルがグリーンに変わりまさしくスタートの時。確かこの時HDクラスで優勝した時のワンシーンです。緊張するけど楽しいひと時。このシーンたまんないね。

  • 1995

    SARLEN&CORY NESS氏来社。私たちにとっては神様的存在のアーレン・ネス。御子息であるコリーとの一コマ。両端は会長と社長で両親子ショット。

  • 1996

    DRAGSTAR発売。STEEDに変わるカスタムベース車両として人気者に。よりロー&ロングなスタイリングでカスタムの主流はこの車両を中心としたものに。この後、STARシリーズが増えた事は言うまでも無し。

  • 1997

    アメリカン業界を盛り上げようと積極的にイベントに参加し、かっこ良さや、楽しさを提案。アメリカンには金髪のおねーチャンという事でモデルを良く使ってアピールしていた頃。

  • 〜2004

    '92からアメリカコンプリート車両メーカーの車両の取り扱いも行い、HDだけではないBIG V-TWINも提案。BAY AREA、NESS、TITAN等々、写真は会長の“RED DRAGON”(TITAN)

  • 2012

    5/27お台場にて30周年記念イベントEASYRIDERS FIESTAを開催!